比内地鶏

sp_hinaijidori

鳥山居の焼鳥は、薩摩シャモや名古屋コーチンと並んで日本三大地鶏に数えられる「比内地鶏」を使用しています。

比内地鶏の原種である比内鶏は、純粋な日本地鶏で野鶏に近く、品種改良もされていない貴重な存在でした。風味がよく美味なことから古くから秋田県北部の米代川流域を中心に飼育されていましたが、1942年に国の天然記念物に指定され、さらに生産性を向上させるため、育種選抜して作出された品種を固定したものが現在「比内地鶏」と呼ばれる鶏種です。

比内鶏の特長を受け継いだ「しっかりとした肉の味」「濃厚な脂の旨み」を、是非ご堪能ください。

契約農場について

鳥山居の「比内地鶏」は、全て秋田高原フード様より入荷しています。奥羽山脈に囲まれた、風通しのよい場所にある秋田高原フード様は、飼育から食鳥処理まで一貫生産体制を整える、比内地鶏専門の会社です。
「今後も「比内地鶏」というブランドの上に安住することなく、より高い質実を伴った鶏づくりに専心してまいります。約150日に及ぶ日々が生んだ旨さ、しっかりとした肉の質感をぜひご堪能ください」(取締役社長/佐藤さん)
farmers_akita01
farmers_akita02

farmers_akita_portrait
有限会社 秋田高原フード

〒018-4301 秋田県北秋田市米内沢字大野岱77-4
電話:0186-60-5101 FAX:0186-60-510
公式ホームページ